KRANNICH SOLAR BLOG

global solar distribution

リパワリングとは?

そもそも「リパワリング」とは英語で「再発電」という意味ですが、太陽光業界におけるこの意味は経年劣化した発電所の主要製品を新しいものに交換や追加するなどして、発電量を増加させることをいいます。既設の発電所では経年劣化により発電所のパフォーマンスが下がることは避けられません。太陽電池モジュールは、メーカーごとに出力低下率は異なりますが、設置時から時間が経過するごとに発電量は少しずつ落ちていき、またパワーコンディショナは高効率の機器が次々とリリースされ、設置当時の商品より大幅に進化しています。そんな中、いま既設サイトで起こっている問題点は、

 

【既設サイトの問題点】

・既存のパワーコンディショナは現在と比べテクノロジーが低く、効率が低い

・パワーコンディショナの保証期間がすでに終了しているか、まもなく終了

・経年によるモジュールの性能の劣化で、導入時より発電量は低下

・特定できないシステムの不具合などが発生し、修正できない

 

なぜ今リパワリング?

発電所のリパワリングで発電量を増加させることでシステム所有者が売電収益を増加することが可能です。発電量の改善が早ければ早いほどFIT終了までの収益を拡大できるので、現在ご使用中のパワーコンディショナなど、保証期間がまだ終了していなくても、多くの方がリパワリングを行っております。

 

リパワリングお勧め商品のご紹介

弊社ではソーラーエッジ製品によるリパワリングをお勧めしております。

 

なぜソーラーエッジ?

ソーラーエッジ社では、変換効率の高いパワーコンディショナに加え、オプティマイザーによるモジュールレベルでの最大電力点追従制御(MPPT)でミスマッチによる損失を低減し、発電所のパフォーマンスを向上させることが可能です。また、ソーラーエッジのオンライン無償モニタリングプラットフォームの使用で、モジュールレベルで発電所のパフォーマンスを監視することが可能ですので、メンテナンスコストを削減することもできます。さらに、低圧用パワーコンディショナの10年標準保証に加えてリパワリング用の特別な延長保証もございます。

 

 

リパワリング案件の事例を下記リンクよりご覧ください。

【低圧野立案件をリパワリング】

 

リパワリングについてご関心を持たれた方はぜひ弊社窓口にお問い合わせください。

 

【ソーラーエッジについて】

2006年に設立されたソーラーエッジ社は、DC最適化パワーコンディショナソリューションを開発し、太陽光発電システムでの電力のハーベスティングと管理方法を変革しました。2015年にはNASDAQへ上場し、継続的に収益と総利益を大幅に伸ばし、世界中で16.2GWの出荷実績と年間13億ドル以上の収益を記録。最先端技術とともに、業界では財政的強みと企業安定性が高く評価されています。

20.10.2020 07:24
- Krannich Japan

戻る