KRANNICH SOLAR BLOG

global solar distribution
日本最大級のソーラーシェアリング2.2MWが稼働中!

日本最大級のソーラーシェアリング2.2MWが稼働中!

昨年、愛知県豊橋市にソーラーシェアリング2.2MWを納入致しました。
日本では最大級となるソーラーシェアリング案件で、広大な農地に太陽光発電と農業が両立して運営されています。
発電機器は太陽光発電モジュールから架台、パワーコンディショナ等、全機器を弊社より納品させて頂きました。
ソーラーシェアリングとは農地に支柱を立てて太陽光発電設備を設置することで、農業を継続しながら発電事業を行う仕組みです。
発電設備下部での営農の継続を前提として、農地上空における太陽光発電設備の設置が可能です。2013年から正式に設置が認められるようになり、農地転用許可実績は千葉県を中心に平成30年度で約2,000件に上り、全国に拡大しています。太陽光発電モジュール下ではパネルの日陰を上手く利用した農作物を育てます。
本ソーラーシェアリング現場では、にんにくやブロッコリーの作付けを行っています。2018年の農地一時転用に関する規制緩和により、条件付きで転用期間が3年から10年へと延長し持続性ある事業へと発展したことで、ソーラーシェアリングの普及が進んでいます。

 


~担当営業者よりコメント~
本プロジェクトは通常の地上設置型の太陽光発電所とは異なり、弊社ならびに私としても初めての試みで、架台設計から始まりパネルレイアウトの検討や、将来的なメンテナンスを考えたPCS選定等、この現場では様々な経験を積ませて頂きました。太陽光パネルの下で本格的な農業ができるよう、トラクターを走らせても邪魔にならない架台の間口寸法や、地上からの有効高さの確保については、特に注意を払いながら施工店様と打ち合わせを行ないました。また、高圧用のケーブル線が安全且つ架台の上空で景観を損なわぬよう、架台の側面に配線ラックを備えさせた事で、見た目にもすっきりと仕上げる事ができ、その点もお客様から高く評価を頂けた点は、個人的にも満足している点です。工事に関しても、本プロジェクトでは、弊社のお取引先である施工店様をご紹介させて頂き、結果として、事業主様、施工店様、弊社ならびに関係するメーカー等、関与者全員が協力し合った事で、このように素晴らしい営農型の太陽光発電所が完成された事に、担当者として心から感謝と御礼を申し上げる次第です。

01.09.2020 09:00
- Krannich Japan

戻る