KRANNICH SOLAR BLOG

global solar distribution
産業用太陽光発電システム

産業用太陽光発電システム

今日、産業用発電施設は全世界で設置形式が多様化しております。15〜30 kWの小規模な発電所や、100 kW程度の野立てまたは屋根設置の発電所から数メガワットの巨大なプロジェクトまで様々です。設置スペースが限られているエリアでは、従来と異なる珍しい場所への設置(例:水上太陽光発電)も選択されるようになっています。このように、太陽光発電所が設置されている場所で同時に、畜産や農業を運営するハイブリッドエリアがますます増えています。下記の日本の導入事例はその一つになります(写真参照)。

 

発電所の規模が大きくなるにつれ、案件の特長や様々な条件を考慮しながら設計を進めていく必要があります。産業用発電所にとって長期的に良い投資回収を確約するためには、初期コストだけではなく、他にも重要な役割を担う要因があります。例えば、効率的に設置可能な架台や、信頼性の高いモニタリング監視装置の導入、また適切なサポート体制によって発電所の施工及びメンテナンスコストの削減が可能です。そのため、クラニッヒ・ソーラーは世界中のお客様のプロジェクトを、最適な商品選定から設計までサポートさせて頂いております。

 

設置条件が複雑な案件でも、クラニッヒ・ソーラーは太陽光の長い経験に基づいてお客様に寄り添い、お手伝いいたします。昨年愛知県豊橋市では、特別なハイブリッドシステム、ソーラーシェアリングを竣工いたしました。ここでは、トラックが走行できるようモジュールを通常の高さをはるかに超える特別な構造で設置しました。農業と太陽光の両方を実現した日本最大級のソーラーシェアリングの誕生です。

12.11.2020 06:42
- Krannich Japan

戻る